ウェブ制作もデジタルマーケティングの一部

ウェブ制作もデジタルマーケティングの一部

ウェブマーケティングよりデジタルマーケティングを

今朝の長野市は、かなり冷えました。これからあの寒い冬に突入するすのですが、私がどんなに嫌がろうと寒い冬はやってきます。また、AIの時代もやってきます。AIには、ビックデーターが必要になります。ウェブだけではなく、ウェブサイトを中心としたマーケティングにウェブマーケティングという概念があります。多くのウェブ制作会社のサイトでもこのウェブマーケティングという言葉は使われています。しかし、ウェブマーケティングよりもっと大きな概念にデジタルマーケティングという言葉があります。それは、全てのデジタルディバイスを活用したマーケティングと言えるでしょう。そこにデータドリブンという概念があります。

デジタルマーケティング

他のウェブ制作会社との比較
評価表の例は、こちらから

ウェブのアクセス解析でデータドリブンを

データドリブンとは、データによってユーザーを理解して、見込み客を獲得するためのアプローチを考えるということです。ウェブサイトのどこにページを性別・年齢・趣向などを分析して、顧客分析などと合わせて。勘に頼らないマーケティングを行なっていくことです。この作業により、他社より先に見込み客に見込み客の望む情報を提供します。この作業をオートマチックに行うのが、マーティングオートメーションです。イベントの参加者が、「どのコンテンツに興味をしましたか?」などを察知し。そこにアプリーチします。まさしくデジタルマーケティングといった方がいいでしょう。

ウェブでマーケティング4.0を

コトラーのマーケティング4.0を読んでみるとやはりスマホ時代のマーケティングとなります。そして、今までのマーケティングのフレームワークが進化したようです。その中の一つとして、ユーザーが購入後SNSで拡散してもらうというワークが追加されました。このようにマーケティングは進化しています。ウェブ制作もこの新しい時代のマーケティングを考慮して作成する必要がありまあす。