WebとBIツールで長野県のBtoB企業の成長支援

WebとBIツールで長野県のBtoB企業の成長支援

WebとCRMで

営業力の強化

マーケティングの仕組み化

シンプルお片付け宮嶋万輝代先生のオフィシャルサイト制作

Webだけじゃ成果を出すのに 難しい時代の成功法

ユーザーの変化・時代の変化にどう対応するのか?今経営者のやるべきことは?

Webもしっかり活用できないのに、その次は何?とお悩みの経営者様にWebとBIツールの融合こそが、今成長している企業の成長の秘密。
Web・SNSと連携したKPIをCRMで活用します。社員が成長するために数値で確認できる営業の成果や問題点の抽出・PDCAサイクルが回せる仕組みづくりができます、

1 %
見込み客獲得率
1 %
社員成長度
1 %
新商品開発率
1 %
生涯顧客獲得率

WebとBIの連携とは?

Web(ホームページ)で見込み客を集め、BIツールで育成を図り見込み客を顧客化します。つまり、今までのWebで即顧客を集め制約するというプロセスでは、成約率も低く、毎回、目の前の売上にフォー化しなければなりません。これでは、経営者や営業責任者は「いの痛み」から開放されません。
そこで、多くの見込み客を集め、そこからの成約率を高め顧客化を行うのです。
それらの営業プロセスやマーケティングプロセスを自動化します。

SEO対策・リスティング広告

Webへのアクセスを強化します。 アクセスの量が見込み客獲得の量に正比例します。

良質なコンテンツづくり

Web制作の目的は、即買いの顧客を
求めるのではなく、
見込み客を引き込むことを目的とした
良質なコンテンツを作ります。

CRMとの連動

見込み客にメールや資料送付で
見込み客を育成します。
この部分の営業活動を
自動化します。

何故、CRMを活用するのか?営業は不要なのか?

営業の自動化と言っても、複雑な商品・標準化されていない商品・カスタムやフルーオーダー商品・パートナー契約など重要な部分は「人と人」による営業活動が必要になります。しかし、人間が行う営業では、進行するプロセスなどをオペ−レーションするのに波があります。忙しいいなか、人間のモチベーションも一定ではありません。Webからの問い合わせや、その後のアプローチを行う必要もあります。
定期的に見込み客に情報を提供する必要もあります。プログラムされた営業プロセスを自動化し、可視化することで、営業成績に関わる部分に対しての修正や変更などのPDCAサイクルを設定したKPIに基づきて、Webの改善・営業資料の改善・見込み客の関心度に合わせた対応などをオートメーション化する必要があります。