ホームページの活用編:データドリブン

ホームページの活用編:データドリブン

ホームページでデータドリブンとは?

そもそもデータドリブンとは? 効果測定などで得られたデータをもとに、次の戦術を練るといこと解釈になります。ホームページでデータドリブンを行うということは、Google アナリティクスを使い行う必要があります。また、このGoogle アナリティクスはSEO対策に活用するだけでなく、「顧客を見る」ことができる。つまり顧客の思考を筋で見ることができます。つまり、マーケティングのツールとなるのです。

データドリブン

ホームページのアクセス解析がマーケティングツールに?

一般のローカルの企業でデータを収集して、データドリブンを行うには、自社ホームページのアクセス解析となります。しかし、闇雲に制作されたホームページでは、正しい分析ができません。つまり、成果を求めるホームページ制作の中のコンテンツに顧客の思考を調査できるようなページ構成を作る必要があります。言い換えれば、分析しやすくページ構成をするということです。

データ・ドリブン・マーケティング方法の必要性

データ・ドリブン・マーケティング―――最低限知っておくべき15の指標を読むとちょっと難しいが理解はできる。この本では、アマゾンのデータ・ドリブン・マーケティングについて書かれています。即時者に取り入れることは難しいでしょうが、一文なら応用できます。また、大切なのは、顧客の嗜好が変化を続けている中で、「勘」に頼るのではなく。データに基づいた分析によるマーケティングの施策が必要だということです。それには、ホームページのアクセス解析を利用するのも一つの方法だと私は考えます。