ウェブ制作をする前のマーケティングはこのように行います!

ウェブ制作をする前のマーケティングはこのように行います!

ウェブ制作をする前の重要なファクター

ウェブサイト制作・ホームページ制作で、NAGANO WEBATFが行うことは、お客様のマーケティングの理解を促進することです。ただ、一方的に提案しても、お客様が本気で「このマーケティング戦略で業績UPに挑戦しよう!」と思えないとウェブ制作での大きな成果を引き出すことができません。また、ウェブ以外のマーケティングのアドバイスや販促ツールの開発の支援も必要です。何故ならば、NAGANO WEBATFが提供するのは、制作物としてのウェブサイトではなく、ウェブサイトは、あくあまでも企業様の業績アップの手段(TOOL)にすぎないからです。

同様に、企業様の商品や製品・サービスも、私たちが提供しているウェブサイトのように、ユーザーが抱えた問題やユーザーがより求めている改善に対する期待の解決策の一つのTOOLを販売しているのです。売手側の必要なことは、その販売する商品のことではなく、ユーザーが求める改善策を訴求する必要があります。

一つのユーザーの問題をウェブで引き出すには?

一つ一つのウェブコンテンツに、ユーザーの抱える問題点・ユーザーが求める現状から新しい変化は、何であるのかを引き出さなければなりません。そのためのコンテンツは、「情報」ではなく「コミュニケーション」なのです。自社の商品のコンテンツより大切なのは、ユーザーが求めるニューズにどう応えるのか? そこにキーポイントがあります。


ライザップ長野店もあるよ

わかりやすく、お伝えすると、ライザップの動画は強烈です。つまりダイエットの広告は、「変化」を求める人にメッセージを送っています。これを自社の商品に置き換えてください。別に[「痩せる」というユーザーの目的達の手段としては、ライザップでなくてもいいのです。チョコレートでダイエットをしても良いのです。また、多くの太っている人には、それなりの原因があります。すべてのことに原因が合って、結果があるのです。しかし、その原因にコミットするのではなく、「マクドナルドやコンビの食材が悪い」と伝えることで、ユーザーの責任を追求するのも良い案とはいえません。

ウェブ活用するダイエット商品の訴求

ユーザーが問題を解決する方法は、無数にあります。ダイエットなら、お茶やサプリでもジョッキングや食事方法でも解決します。ですから、お金を掛けずにもユーザーは目的を達成する方法は無数にありますね。ここで考えてください。たぶん、多くの太っている人は、99%「痩せたい!」という欲求や太っていることの様々な問題を抱えています。ですから痩せるための方法はなんでもいいのです。そして、かなりの確率で、太っている人は、以前に様々なダイエットに挑戦しているのです。これは、英会話にも似たような傾向があります。そこで、ライザップは、「高額だが。可能性にコミットしています」。ユーザーの目的達成のための可能性が高いことを証明しているのです。

ここで、「どんな方法で痩せる」という手段に関して、紹介する必要はないのです。それは、ユーザーが「欲しい!」と感じた段階での次の作業です。価格にもフォーカスさせる必要もありません。

売り方を知らなければウェブ制作は成功しない

つまり、ユーザーが興味のないコンテンツをたくさん作っても意味が無いのです。また、ユーザーの関心度の段階に応じたコンテンツがなければ、どんなにきれいなウェブサイト制作を行っても、SEO対策が強化されていても、多くのお客様が求める「業績拡大」「売上UP」「ブランディング」には、効果がありません。

ウェブ制作で競合他社と差別化を図るには?

この競争が激しい経営環境の中で、「勝ち残る」「生き残る」には、ユーザーに自社を選んで貰う必要があります。そのためには、競合他社より優れた点を伝える必要があります。それは、商品のスペックではなく、上記でお伝えしたように、ユーザーの期待・問題解決についての差別化でなければなりません。ここで、NAGANO WEBATFのウェブ制作会社の例で説明しましょう。

1.お客様の問題点を聞き取る作業から始めます。私たちは、ウェブという制作物を販売しているのではなく、御社の業績アップをお手伝いするパートナーシップとして、サービスを提供しております。
2.よくあるウェブ制作会社では、最近、マーケティング・ブランディング。従来ならSEO対策などをアピールしています。

上記の1が弊社で、2が多くのウェブ会社です。
そして、このような他社との差別化がひと目で分かる表を作っています。

他のウェブ会社との比較

まとめ:ウェブ制作が成功するために

要するに、まだまだここではご紹介できないマーケティングやウェブデザインでのウェブ制作成功用意はたくさんあります。しかし、まとめとしては、ユーザーは、売手側のあなたの100分の1も商品について知りません。ユーザーがわからないことで、他社との差別化をしてもユーザーの心は動きません。「ユーザーが抱えている問題・欲求をどう応えるのか?」がキーポイントです。

NAGANO WEBATFは、当然、SEO対策は大得意です。また、マーケティングは、経営コンサルティング事業部をご用意しています。そして、経済産業省が認定する経営革新支援機関でもあります。しかし、多くのユーザーにそれを証明する必要は、ファーストステップでは、必要ないと考えています。「能ある鷹は爪を隠す」というのは、爪を出してもユーザーはよってきてくれないからです。(笑)