ブランディングなどというウェブ制作会社は、リアルな結果を出す責任が持てないでは?

ブランディングなどというウェブ制作会社は、リアルな結果を出す責任が持てないでは?

マーケティングとかブランディングとか?ウェブ会社の逃げ口上では?

多くのウェブ制作会社のホームページには、ブランディングとか?マーケティングとか?本当に理解しているのだろうか?マーケティング4。0の時代です。コトラーのマーケティング4.0 スマートフォン時代の究極法則を読みましょう。そして、2017年のノーベル経済学賞は、「行動経済学」の普及に貢献したリチャード・セイラーに贈られることが決まった。この「行動経済学」はさまざまな分野で注目されているが、マーケティングは行動心理学に基づきています。ちょっと勉強が足りないウェブ屋さんにトレンド用語のように使われているのが、気になります。

マーケtィングセミナー

リチャード・セイラーは。行動経済学で、人が購買行動を起こす時の限定合理性を唱えませした。つまり、100%人は合理的な考えで、購買行動を起こすわけでもなく、稀に衝動買いや大穴狙いなどの予想もつかない購買行動をするということです。

ブランディングより、リアルな業績アップ

ま〜ともかく、小さな会社ならブランディングより、リアルな業績アップが必要です。業績アップをしながらブランドを作っていくのです。そもそもネット上の情報にめちゃくちゃなものがたくさんあるけど、僕は、「ありがとうの増産」こそマーケティングの一番大切なことで、それを行なって行くことでブランディングでき、社会をより良くすることが出来ると考えています。社会をより良くしない企業は社会から価値を見出してもらえません。

経営革新等支援機関セミナー長野市:販売力を高めるための マーケティングセミナーは、ほぼ満席のようです。残席2席、松本は、会場が広いからあと10席は大丈夫らしいです。マーケティングを学ぶなら是非参加してください。