グーグルが2017常時SSL化されていないウェブサイトに警告表示

グーグルが2017常時SSL化されていないウェブサイトに警告表示

グーグルがすべてのウェブサイトに常時SSL化を

Googleは、SSL化の強化のみならず、常時SSL化を推進しております。また、SEO的にも常時SSL化されたウェブサイトは評価されるようです。SSL化には、数々のメリットがありますが、ウェブ制作面では、一つ手間の掛かる作業になります。お問合せ・資料請求・クレジット支払いなどは、標準化したSSLですが、すべてのページにSSLをするという時代が早くも訪れることになります。時代に対応したウェブサイト制作が必要です。常時SSL化についてまず学んでみましょう!

常時SSL化って何?

SSLとは、暗号化システムのことです。通常のサイトが[HTTP]で表示されますが、SSLを設定すると[HTTPS]とURLの前に表示されます。Google Chromeでは、HTTPSの部分がグリーンの表示になり、そのサイトの安全性を示します。FacebookやTwitterなどは、当然、SSLが設定されています。簡単にお伝えすれば、これらのSNSのようにウェブサイトのページが常に、そして、すべてSSL化になっていることを常時SSL化というようです。

SSL(Secure Sockets Layer)とTLS(Transport Layer Security)は、いずれもインターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組み(プロトコル)です。個人情報やクレジットカード情報などの重要なデータを暗号化して、サーバ~PC間での通信を安全に行なうことができます。

SSL/TLS総合解説サイト

常時SSLのメリット

常時SSLとは、入力フォームの有無にかかわらず、全ページをHTTPSにすることです。SSLとはサーバー・クライアント間の通信を暗号化するセキュリティ対策ですが、どうもセキュリティ対策だけが、この常時SSL化のメリットではないようです。

・常時SSL化によるWebサイトの価値向上
・通信速度の向上
・検索順位の優遇(グーグル)
・Webサイトの信頼性向上
・常時SSL化によるセキュリティの強化と管理の効率化
・Webアプリ開発の効率化
・Web解析の精度が上がる

現状では、SSL化しているのは入力フォームのページだけというWebサイトが多い。しかし、グーグルがHTTPSのWebサイトをランキングで優遇すると2014年に発表したこともあり、サイト全体をHTTPS化する「常時SSL」の実装を検討する時代になっております。

GoogleのHTTPSサイト優遇方針で待ったなし! Webサイト常時SSL化の効果と実装ポイント

常時SSL化された長野県上田市の人材派遣会社のウェブサイト

以下のサイトは、長野県上田市にある転職活動サポートサイトです。制作当初からクライアント様の要望で常時SSL化のサイトにして、安全性とSSL対策の強化を図りました。制作上SSL化はWordPressであれば、プラグインの追加で容易に設置できますが、外部リンクや外部画像などがSSL化されてない場合など問題が発生しますので注意が必要です。しかし、それほど手間の掛かる作業ではありません。

ヒューマンインデックス様転職活動サポートサイト制作

ヒューマンインデックス様転職活動サポートサイト