社員数20名以下の会社のWEBマーケティング

社員数20名以下の会社のWEBマーケティング

ネット上のコンテンツにはない小さな会社のウェブ戦略

ネット上にある多くのマーケティングコンテンツは、決して間違っているわけではないが、その企業に適合しているのかが問題となりますね。ここで、あまりネット上で書かれていないWEBマケーチェィングを紹介します。これは、10月13日のセミナー「ローカル企業向け最新マーケティング」でも解説しますが、費用対効果の問題が小さな企業に重くのしかかります。

webマーケティングセミナー

やるからには利益を得るためのマーケティング

要するに、WEBに関わる費用の数100倍は利益を得られな掛ければ意味がないのです。そのための方法論として、ウェブサイトを育てる意識が必要になります。ウェブサイトからどのように利益を得るのかを明確にする必要があります、つまり、「ウェブサイトを作った・広告を出した」だけでは、何も効果が得られないということです。
問題は、自社の商品やサービスをユーザーが「価値あるものと判断する仕掛け」・「欲しい!」と思わせるコンテンツが必要になります。

ネットショップのマーケティング

このビジネスでは、会員を獲得することが最大のポイントです。最初に販売が成立することをフロントエンドとするなら、メールマガジンなどで、リピートや次の商品を売ることの出来るチャンスを得たのです。これをバックエンドとすると、ここで、長期に渡って利益を得ることができます。そのための最初の販売(フロントエンド)をどれだけ魅力的なものにするのかという点にフォーカスする必要があります。これをリストマーケティングと呼びます。

ここで、他社に差をつけるための値引きをするのではなく、ユーザーが喜ぶノベルティを作らなければなりません。このノベルティ経費が戦略的広告費となります。つまり、ネットショップを開設する費用プラスこのノベルティの経費が必要になります。そうでなければ、ネットショップで、特別な商品お力がない限り、利益を得ることが困難になります。

ここでのポイント

チラシや新聞広告でも同様です。何かのオファーを設定しなければ。広告の経費が無駄になります。特別な商品について、販売日程を限定させながら、特別なサービスの設定します。ここでユーザーを獲得するためのシナリオが必要になります。つまり、広告代(印刷・デザイン・媒体費)以外に経費を使わないとこれの広告は成功しないのです。社員数20名以下の会社の広告は失敗が出来なにのです。そのためターゲットも絞り込んみ、それに合った媒体を選ぶ必要もあります。

10月13日のセミナー「ローカル企業向け最新マーケティング」