どんな商品にすれば売れるの?ウェブ制作

どんな商品にすれば売れるの?ウェブ制作

ウェブで売れる商品を見つけるのではなく、売れる売り方を探す!

ウェブ制作以外にも多くの経営者との会話のなかで、私は、多くの経営者に伝えていることの1つが、「新規商品企画こそ経営安定策です」ということです。すなわちイノベーションだということです。しかし、商品など、そう簡単に開発ができるわけではありません。まあ〜、飲食店なら簡単にメニューを変えることはできますね。弊社ではウェブで、「どのようにしたらクライントのビジネスが活性化するか?」についてのアドバイスやコンサルティングも行っています。それは、商品の売り方がユーザーの心を引きつけないとB TO BでもB TO Cでも売上を拡大することができないからです。

ウェブで成功する商品について

イノベーションは、豆腐屋が油揚げを開発したようなもの

飲食店のイノベーションは、蕎麦屋が夜の来客を増やすために蕎麦とひつまむしをセットしたディナーメニューを開発することはできます。この小さなイノベーションは、蕎麦屋の夜の部の売上を拡大させます。このようにあなたのビジネスでも何かを組み合わせることで出来るイノベーションがあるはずです。それをウェブユーザーに向けて販売することもるはずです付加価値をつけて、他社との差別化を図り商品単価を上げ・利益率を高めてウェブで紹介します。

ウェブユーザーだけに向けたサービス

全国のウェブユーザーに向けたニッチな商品を更に付加価値をつけて販売することも可能です、最初からウェブユーザー向けのサービスにより付加価値を付けることもできます。

例えば、スピーカのOEMを製作している会社が、製作キット、つまり自作で作れるキットを販売します。これによって、商品の製作コストは抑えられ、新しい市場を開拓できます。完成品にはない「自分で作る」という付加価値を与えられます。家具の製造会社などもこの例を活用他社との差別化を図れます。また、弊社のクライアントのハーネス製造(自動車などの電線)を行う企業ですが、配線のカットだけに特化したサービスが好評です。カットだけでなく本来のハーネス製造の受注も促進されました。

上記のように新しい付加価値をつけて、自社の商品を売ることは、現在の商品に何かをプラスするのではなく、マイナスすることで付加価値をつけたイノベーションも可能になります。このように成功例は、弊社には多くあります。

新しいサービスを付加するウェブ戦略

上記は商品をマイナスしたことでイノベーションを行うことができますが、サービスをプラスして成功した例も沢山あります。その1つを紹介しましょう。「価格は価値」だということです。今までの2倍の価格で販売したギターの成功例もあります。それはオーダーシステムのギター製作です。商品完成後ユーザーがネットが握りにくかったリした場合は、再度調整を行うなどのサービスを付加して価格を上げました。その結果3倍以上の売上を獲得しました。

通常の価格で、通常のサービスでは、ウェブでは目立ちません。それでは売上を拡大することができないのです。ただ、ニッチな商品やサービスをウェブでアピールすると全国にはそのニッチなサービス・商品を求めているユーザーは星の数ほどいるということです。

まだ、まだ、ご紹介すると成功例は数々あります。

あなたの商品から吟味するウェブ制作

弊社は、ただ、ユーザーのオーダーに任せて、ウェブ制作をするのではありません。クライアントが売るべき商品を一つ一つ吟味して、そこに何かのエッセンスを加えたり、商品の売り方のご提案などをさせていただいております。