「メールやブログの書き方」WEBが苦手な長野の社長のためのホームページ講座

「メールやブログの書き方」WEBが苦手な長野の社長のためのホームページ講座

メールやブログの書き方

ホームページを持っていてもホームページ運営をしていなければホームページからのビジネス効果は望めません。そこで、ブログを更新するのが苦手な長野社長やメールを上手に書けない長野社長のために簡単で相手に思いが伝わりやすい文章の書き方を伝授しましょう?

ブログ・メール

メールやブログ箇条書きにすると書きやすい

文章を書こうとすると読みづらいメールやブログになってしまう。それらを回避して伝わりやすく書きやすいメールやブログの秘訣を以下に記載してみました。

  1. 目的を先に伝える
  2. 箇条書きにする
  3. 文章をテーマごとに見出しで区切る

それでは、各項目に分けて解説します。

1.目的を先に伝える

メールでもブログでも同じである。周りくどい解説や長いあいさつは不要です。何故このメールやブログを書いたのか?その目的をまず相手に伝える必要があります。メールもブログも2人称で書くことをお薦めします。英語的な文法で書く必要があります。

2.箇条書きにする

このブログの上部の1〜3までの箇条書きのように文章を書くより要点を箇条書きにすることにより、書きやすく伝わりやすくなる。

3.文章をテーマごとに見出しで区切る

メールもブログの見出しで内容を区切る必要がある。当然、同じことを違う見出し内で書いてはいけない。見る人が自分お必要な項目から見ていけるようにする。このブログの最初の見出しは、検索サイトのディスプリクションになるように、全文のまとめを記載しています。メールであれば、メールを書いた理由をまとめておくと良いと思います。

メールもブログも文章力よりまとめる力が必要になる。長い文書を書かないで相手に自分の目的を伝えるまとめ力が必要です。伝えたい優先順位で上から書いていくことをお薦めします。