提案型ウェブ制作とは?(ちょっと宣伝)

提案型ウェブ制作とは?(ちょっと宣伝)

完璧なマーケティング提案からウェブ制作・ウェブ運営まで

弊社のターゲットは、従業員100名規模から数名の従業員規模の中小企業を対象にしてウェブ制作を行っております。ウェブ担当も用意されていない事業所様が多く、また、ウェブ担当を用意されていても兼任だったりして、十分なウェブ活用をされていない企業様はほとんどです。それでもウェブ活用して企業の業績拡大に一生懸命な企業様に全力で支援するのが、弊社のミッションです。ビジネスを超えたビジネスを目指したサービスで、ビジネス効果が高いウェブ制作をするために様々なマーケティング提案からウェブ制作が始まり、ウェブん運営のサポートを行います。それでは、提案型ウェブの内容をご説明しましょう。

提案型ウェブ制作

まずは、クライアントの理解

提案する前にそのクライアントの創業からの沿革、経営者の声。管理職の声、末端社員の声を拾い上げます。また、クライアントの扱う商品を吟味します。もちろん食べられないものでした購入して使ってみます。その時のビジネスモデルや売り方、販売員の対応までチェックします。そして、売りて側の思いや買い手側の思いを理解します。

現状分析

クライアントの理解の次は、クライアントの現状分析を行います。企業内外の環境と計画や目標を確認します。ここで、企業とウェブ制作側のベクトルをあわせる作業が必要になります。しかし、あくまでもユーザーの分析の優先されます。

ウェブ制作コンセプトの提案

ターゲットを絞り込んだ基本的なコンセプトを提案します。ときにはペルソナを作成する場合もあります。「誰に」「何を」「どのような効果を持たれせて」と基本的な考え方を提案します。この時にウェブマーケティングなどの提案も添えます。年間のランニングコストや目標、必要であれば、セールスポロモーション企画のご提案まで行います。

ウェブデザインの提案

ウェブ制作では、当然のデザイン提案ですが、複数のサムネールを制作することは、あまりません。クライアントへの料金負担を抑える必要があります。もちろん、ワイヤーフレームでGoをいただけない場合は、次の案を提案します。また、直接、仮サイトに書き込んでプレゼンを行うケースもあります。

ウェブ運営の提案とサポート

ウェブサイトの成功はウェブ運営が鍵となります。頻度の高い更新や追加・修正などをユーザーの評価に合わせて行う必要があります。SEO対策も必要になります。弊社の場合は、メールや電話で頂いた変更や追加を月間サポート料金だけで対応させていただいております。ページ追加なども同様です。