ランディングページとリスティング広告を使いこなす

ランディングページとリスティング広告を使いこなす

ランディングページとリスティング広告が人気の理由

商品に知識のないユーザーは、リスティング広告でも検索サイトの検索結果のページの一番上にあるINDEXをクリックします。その時のユーザーの心理は、早く情報が欲しいのです。この情報とは、殆どが購入情報となります。そして、そのユーザーは、じっくり関連したサイトを見るのではなく、できるだけ早く情報を得ることを望んでいます。ですから、それに対応したターゲットの絞れたターゲットに結果を与えられるようなランディングページが必要です。

長野市ウェブ制作会社ランディングページ

ですから、ランディングページで、ユーザーが求める情報が載っていれば、スピーディな行動を起こします。

ランディングページとリスティング広告が人気の理由

リスティング広告のリンク先が、ホームページのトップページでは意味がありません。それでは、リスティング広告をクリックしたユーザーの意図に反します。つまり、「急いでいる人」「結果を早く得たい人」などには、ストレスを与えます。

つまり、大切なのは、1ページで完結できる情報を以下の流れで、コンテンツにする必要があります。

1. 誰に
2. 何を
3. 与える結果
4. 実績
5. お客様の声
6. 価格
7. キャンペーン
8. 購入方法

出来るだけ、価格にフォーカスをさせずに効果(ベネフィット)にフォーカスされるように、順番に情報を与えます。

他のウェブ制作会社との比較
評価表の例は、こちらから

ランディングページには2つの意味があります。ホームページのなかでユーザーが集まるページだという意味とLP通常と言われる今回テーマにしたセールス型の1ページのサイトになります。当然1ページですからオーガニック検索で訪問者を得ることはできません。言い換えれば、SEO対策ができません。結果的にもリスティング広告からユーザーを呼び込む方法しかありません。

【ランディングページとは│10分で理解できるLPの基本】