自社の価値をウェブで表現するには?

自社の価値をウェブで表現するには?

ユーザーはウェブで何を価値と感じるのか?

ユーザーはウェブで企業の価値・商品・製品・サービスをどう評価するのか? その答えは、ウェブでなくてもリアルな社会でも同じことです。たとえば、あなたが長野市ホームページ制作会社を選ぶとしたら、どんな価値観で制作会社を選ぶのでしょうか?

長野市ホームページ制作会社を選ぶとすると?

ウェブに詳しい人は、SEO対策の技術やウェブデザインなどの実績やコンテンツを確認するでしょう。また、アフターフォローも評価基準になるでしょう。つまり、ホームページ制作会社の技術力やサービスに価値を感じます。しかし、そんな人はそれほど多くはありません。

そして、多くの企業の経営者などは、ウェブに詳しくない人は、企業のサイズ・実績・制作費などをホームページ制作の依頼の選択要素にするのではないでしょうか?

優れた技術や商品があるから売れるのではないと言うことを認識する

いい商品だから売れるのではなく、いい売り方をしていると売れるのです。上記のように、ユーザーは、商品を選択する時にそれほど商品に関する知識を知りません。ですから、ユーザーが何を持って、あなたのビジネスの評価をするのか?を考える必要があります。

例:工務店→実績建築物・不動産会社→信頼度・サービス業→ユーザーの問題点に対応度

それぞれのユーザーによって、選択する価値は、ことなります。
専門性・ビジネスの情熱・ビジョンやミッション・親切。ブランド力・イメージ・誠実なイメージ・価格などなど様々な要素で価値を感じます。そして、多くのその会社の名前・商品を見ることによって、価値を感じるユーザーも少なくありません。

ユーザに分かりやすい比較表など作って、分かりやすく自社をアピールすることも大切ではないでしょうか?
評価表の例は、こちらから

ウェブ制作・ホームページには確かなマーケティングが基本になる

ただ、ウェブ制作・ホームページ制作を行ってもユーザーは、あなたのウェブに「YES!」という評価はしません。ユーザが求める価値にコミットしたマーケティングをしっかり行ったウェブ制作・ホームページ制作をする必要があります。