ウェブサイトを制作する目的の変化

ウェブサイトを制作する目的の変化

ウェブサイトを何故企業が必要としているのか?

5年近く前までは、企業案内をウェブ媒体で表示させる企業のウェブサイトが主流でした。しかし、様々なビジネスの集客やネットショップとして、企業の収益に関わるウェブ制作が主流となりました。この状況は現在も変わりません。しかし、新たな人財を確保するためのリクルートを目的としたウェブサイトの制作も目立っております。特に製造業・土木建築行・医療機関などが、これまでウェブサイトへのそれほど力を入れることのなかった業種にもウェブの活用の必要性が高まりました。

スマートフォン

集客を目的としたウェブ制作

ウェブマーケティングやターゲットの絞り込みなど、ウェブ制作でマーケティング要素が高まりました。ターゲットを明確にして、様々なウェブ上のユーザービリティ(使いやすさ)を考慮したウェブ制作に加えて、スマートフォンを主に考えたウェブデザインを行う時代に入りました。これをスマートフォンファーストといつています。さらにウェブデザイン思考もフラットデザインで、縦長のホームページとなっています。また、SEO対策は欠かせない作業となっています。検索順位が売上高を示すといっても、大きな間違いではありません。

リクルートを目的としたウェブ制作

学生の98%以上がリクルートサイトを見て、各企業のサイトを見ると言われています。ここでも問題はその企業で働くことの楽しさや、仕事のやりがいをどのようにビジュアルで表現するかという点がキーとなります。また、学生の利用するディバイスとしては、圧倒的にスマホになりますので、スマートフォンファーストのウェブデザインが必要になります。

スマートフォンファーストの時代

モバイルファーストともいわれる、スマートフォン時の表示をまず考えたウェブデザインをすることです。一度にすべてを表示するのではなく。スマフォをスクロールした時に徐々に表示させたり、スマホ次の操作性を考えたウェブデザインです。この考え方は、集客目的のウェブ制作・リクルート目的のウェブ制作共に必要なウェブデザインです。当サイトのそのようにデザインされています。

スマートフォンでウェブを利用するそんな生活シーンの時代です。時代にあった時代に対応したウェブ制作をATFは提供しております。