WEBデザイナーとWEBエンジニアの大きな違い

WEBデザイナーとWEBエンジニアの大きな違い

ウェブデザイナーの仕事・ウェブエンジニアの仕事とは?

ウェブデザイナーは、ビジュアルに拘る人で、ウェブエンジニアには動くことに拘る人で、大学言えば美術系と工学英の要素となり。両方をこなせる人は稀で、ウェブエンジニアの思いとウェブデザイナーの思いは時として反対になった理想の才能やセンスも真反対になります。MacやiPhoine好きな人には、ウェブデザイナー要素が高く、WindowaにAndroid好きな人にはWEBエンジニアの要素が高いと私は勝手に判断しています。

ウェブデザイン

そもそもウェブデザイナーって、どんな仕事のことを言うのか?ちょっと定義を調べてみることにした。ウェブデザイナーとは、ウェブをデザインする仕事です。Webエンジニアとは、Webサイトやモバイルサイトで使用するWebアプリケーションを開発する職業です。とウェブ上では記載されてますが、弊社での扱いはちょっとだけ違います。

ウェブデザイナーとは?ATFの定義

キャリアガーデンというサイトで、ウェブデザイナーは以下の仕事を行う人のことを言っているようです。

1. 全体ページイメージ
2. HTMLやCSSのコーディング
3. イメージ部分の制作
4. 動的なオブジェクトの作成

上記の2に HTMLやCSSのコーディングついては、昔のスタイルで、PHPなどの複雑な言語も利用しなければならないので、この仕事は、コーダーというコーディングを行う人のことを言います。ですから、ウェブデザイナーは、PSやAIを活用して見える部分のデザインをのみを行う人になります。

ウェブエンジニアとは?ATFの定義

このウェブエンジニアの定義は、当社でも世間と変わりありません。ウェブ上のアプリケーションを作る人です。弊社では、コーダーにもなります。

一般の人には、どうでもいいことで、見るとからすれば自分の利用価値の高いウェブサイトであればいいのでしょう。また、ウェブ制作をオーダーする企業様からすれば、売れるウェブサイト制作が行えればいいことでしょう。ウェブデザイナー・ウェブエンジニア・ウェブコーダー以外にもウェブディレクターやウェブライターなどのいろいろな仕事の役割があります、大切なのは、最大限のビジネス効果を引き出すためのウェブ制作をするということです。

もし、あなたの会社がそれほど大きな会社ではないが、「売れるホームページをう作りたい!」とお考えならば、是非弊社にご相談ください。