ホームページ制作に関わる人数?

ホームページ制作に関わる人数?

ホームページ制作・ウェブサイトデザインに関わる人数とは?

ホームページをひとりで制作することはできます?しかし、工学系と美術系に分けると二つの要素が必要です。また、コンテンツについては専門性と文系の要素も必要になります。一般にコーディング(プログラミング)といわれる作業の前にデザインの様相とキャッチコピー等の文書能力も必要になります。つまり、ひとりでは完成度の高いホームページ制作・ウェブサイトデザインは不可能に近いということです。

ウェブデザイン

ホームページ制作スタッフ人数とは?

一般的にウェブデザインをするスタッフの役割を以下に記載してみました。併用できる作業もあるのですが、やはり専門家による作業が望ましいと考えられます。
1.ウェブプロデューサー(クライントのニーズや目的を聞き込みスタッフィングを行う)
2.ウェブデザイン(画像ソフトやイラストレーターなどでデザインを制作します)
3.コーダー(コーディングをする専門家・HTML/CSSなど)
4.SE(システムエンジニア、PHPなどの言語によりプラグラミングを行う)
5.コピーライター(文書などのコンテンツを作成する)
6.カメラマン・イラストレーターなど
7.マーケティングデレクター(1のウェブプロデューサーと併用になりますがサイトコンセプトやビジュアルコンセプト作成にあたります)

弊社の場合は7がすべての制作の責任者となります。

SEO対策は運営に思いに関わります

ホームページ制作の当初にもSEO対策エンジニアリングも関わりますが、この専門家は特に運営面で関わります。また、ある程度サイトが完成に近づいてくると多くの確認を置こなます。サイトのスピード・キーワードの設定・HTML/CSSの確認も行われます。

スマホ対応はウェブデザイナーとコーダーの仕事

以前のPC専門のサイト制作とことなり、PC用のサイトが出来てもスムーズにスマフォ対応サイトに出来るとは限りません。この時点でデザインの修正なども行われます。

以上がホームページ制作に関わるおおまかなスタッフですが、作業的には技術が進歩する中で様々作業が数年前と遥かに多くの作業が必要になってきたことは事実です。