ターゲットを絞り込むことの勇気

ターゲットを絞り込むことの勇気

私は自社のウェブ制作・広告企画をするセンスはありません

経営者にとって、広告やウェブ制作でターゲット絞り込むことき、恐怖感に近いものが発生します。私も経営者の端くれとして、同様の思いがあります。せっかく予算を掛けるのだから、いろいろ掲載して、色々なタイプのユーザーに対応したいと考えます。経営者には、今の時代のウェブ制作や広告企画するセンスは全くありません。もちろん、私も自社のウェブ制作や広告においては同様です。

ウェブサイト

ターゲットを絞りこむこと

ターゲットを絞りこまないと、何が得意な会社なのかも明確にユーザーに伝わりません。また、SEO的にも、ターゲットを広げるより、絞り込んだ時のSEO対策効果も高まります。

しかし,とても勇気がいることかもしれません。それは経営者には、経営者だからユーザーの視点になり得ることが出来ないといった大きな問題もあります。出来れば、パートなどの最もユーザーに近い人をアドバイザーにつけるもいいでしょう。ウェブ制作で、大切なのはユーザーの求める情報が提示されているウェブサイトです。

ただ、自社の商品を並べるウェブサイト制作を行うのは、お金を溝に捨てるようなものです。あなたのことを裸の王様だと言ってくれるウェブ制作会社で効果のないホームページをリニューアルすることは、あなたの会社に必要な事でしょうか、自己満足で作るホームページでは意味がないのです。