結果が全てを決める議論なきWEB運営

結果が全てを決める議論なきWEB運営

高性能なGoogle アナリティクスの活用でウェブ運営

ウェブサイトの評価は、検索上位順位やサイトランク・アクセス数ではありません。ウェブサイトのビジネス成果により評価されるものです。わかりやすく言えば、どれだけウェブからユーザーを取り込んだか? ウェブで、どれだけ集客ができたのか?ということになります。

ウェブサイト運営

それには、ウェブをどう運営するのかという問題になりますが、それもウェブコンテンツの作り方が大切になります。すなわちGoogle アナリティクスで分析しやすいようにウェブコンテンツ作りをするということです。その結果、結果が全てを決めるWEB運営となるのです。追加や変更するべきコンテンツや削除するコンテンツが明確化されます。そこに議論の余地はありません。

ユーザーの好みを知るためのアナリティクス

ウェブ制作会社や代理店との打ち合わせにより制作されたウェブサイトコンテンツは、あくまでもユーザーの求める情報を予測したもので、単なるテスト考えるべきです。また、ウェブ制作会社や代理店のマーケティングは、大手企業などのウェブサイトコンテンツを真似ているケースは少なくありません。
あなたの企業にあり余るウェブ制作に投入できる経費があれば、話は別になりますが、売れないウェブサイト運営に経費を掛けても意味がありません。

アナリティクスを分析して、ユーザーの求めるものを知ることから作業が始まります。ですから、ウェブサイトは公開されてかも必ず、修正・変更は余儀なくされるのです。ですから、ここでも議論の余地はありません。ウェブサイトを営業のツールとして使う場合は、評価・分析、そして、コンテンツの追加・変更・修正が必要になります。

すべて、ユーザー視点でウェブ運営を行うべきです。
弊社では、ウェブサイト制作には、ウェブ運営プランがセットされています。なぜならばウェブ制作の成功の実績は、ウェブ運営によるものだからです。
もし、現在のあなたの会社のウェブサイトに不満をお持ちならば、ATFにお気軽にお問合せください。全国どちらからでも構いません。