アフィリエイターとの情熱に負けないWEB制作

アフィリエイターとの情熱に負けないWEB制作

アフィリエイターとのSEO対策やブログ更新に学ぶ!WEB制作

最近、アフィリエイターのブログもSEO対策のコメントも間違っているところは多少見受けられますが、その情熱やセールに対する貪欲さが凄い。一度期のような未熟なアフィリエイターは影を潜めたようだ。Facebookなどでもよく見かけるセールス型ホームページなどもよく出来ているサイトがある。しかし、彼らの最大の目的は、「お金」である。企業のホームページ・WEBも同様に思えるが、企業のWEBの目的は売上でも視点を常に顧客に向けなりません。ですから、そのすべてをアフィリエイターから企業のウェブ制作では活用出来ません。しかし、コピーライト技術やWEB技術の高いアフィリエイターを見かけることがあります。

アフィリエイター

WEBで何がユーザーのために出来るのか?

企業のホームページ・WEBでは、「何がユーザーのために出来るのか?」このような視点でウェブ制作をしないと、ユーザーが集まるウェブ制作はできません。売り込むのではなく、まず、企業を好きになってもらうためのインバウンドマーケティングの採用するべきです。すべてのユーザーがすぐアクションを起こすわけではありません。まず、以下の様な段階によるユーザーの状況を考慮したアプローチによるWEB制作のためのコンテンツづくりが必要です。

1. はじめて商品・サービスを知った人のために
2. 更にユーザーの要求に火をつけるアプローチ
3. 更にユーザーにアクションを起こさせるためのアプローチ

売るためではなく、企業の親切さ・堅実さをまず伝えるWEB制作

企業のウェブサイトとアフィリエイターとの絶対的違いは、商品やサービスを直接売るものではなく、企業のウェブサイトは、まず、自社を好きになってもらうことが必要です。そんな視点でのWEBU制作では、ユーザーへのベネフィットがイメージにより訴求されることととユーザーの求める情報の提供が必要です。ユーザーの求める鮮度が高く・質の高い情報が企業ホームページ・企業WEBには必要になります。