ウェブ運営PDCAサイクルで成功をつかむ!

ウェブ運営PDCAサイクルで成功をつかむ!

ウェブサイト・ホームページで稼ぐには?

ウェブ運営をPDXCAサイクルを高回転にすることで、ウェブの成果を早めることが出来ルます。新しいドメインで、ウェブサイトを立ち上げた場合、PPC広告などを利用しない限り6ヶ月程度はウェブから成果は見込めません。それを早めるには、ウェブ制作の改良点をすみやかに見つけることです。そして、その対象を行い運営を続けることです。
また、現在のウェブサイトを稼ぎ頭にするためにも、このPDCAサイクルを利用します。

PDCA

PDCAサイクルをウェブ運営に

PDCAとは、plan-do-check-act cycleの略です。それを回転させてるということです。PDCAサイクルは、一般的に事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善するという手法です。この手法をウェブサイトの運営に利用します。
ウェブの評価とはとても簡単です。Google アナリティクスを利用すれば、ユーザーの評価やサイト内の問題を発見することができます。

ウェブの計画とは?一つのテストだと考えてください。売り手側の考えは、ほぼ買い手側の考えに反します。言い換えれば、Planを練りすぎるのではなく、いち早く実行して、ユーザーの評価を得てください。つまり、応えはユーザーしか持っていないのです。その蓄積が弊社にはあります。一般的には、マーケティングでは、3割程度の成功率しかありません。PDCAを繰り返し、ユーザーの思いを汲み取る作業が必要になります。

弊社のウェブ制作の条件は2年間のウェブサポートです。何故、このシステムを設けるかというと、発注頂いたウェブ制作の最低限度の費用対効果を提供する必要があるからです。このため弊社においても制作したウェブをPDCAサイクルを活用して成功に導く運営サポートを行なっております。平野のウェブ制作により、多くのクライントが成果を上げている理由がこのPDCAサイクルによるウェブサポートのなです。