ウェブ制作予算組について

ウェブ制作予算組について

ウェブ予算決定の注意点

ホームページ制作・ウェブ制作の予算を中止する時の注意点とは、ウェブ制作料+ウェブ運営費+ウェブ維持費を含めて考える必要があります。ウェブ制作において、ウェブ担当のブログ更新や修正なども必要になります。その場合、助成金や補助金で賄うこともできますが、あくまでもそう予算として考えておくべきです。また、PPCなどの広告料も同様です。

web制作予算

モバイルファーストのウェブサイト構築

以前より、ウェブ制作費用は高価になってきました。その理由は、多くのタイプのスマホなどに対応するためです。また、スマホサイトを優先した考えるモバイルファーストのウェブサイトが主流になっています。ウェブ制作料も修正も数年前より遥かに高価になっております。

無理な予算組はしない

よく、新築受託は建てたが、予算が庭作まで及ばないケース。また、住宅ローンに苦しむ仮定のケースがあります。ウェブサイト制作が、企業の目的ではないでしょう。そのウェブ制作により、どれだけの利益を得るかが問題ではないでしょうか?そのためにまず、ウェブ制作費だけではなく年間の経費をお考えください。予算を少なくしたいという思いは理解できます。しかし、「安物買の銭失い」という言葉もあります。ウェブ効果を得るために「時間+お金+人」というファクターを考えましょう。

弊社では年間予算の提案や各公的支援・助成金申請などのご提案や情報提供なども行います。