失敗しないウェブサイト制作のための準備する7つの作業

失敗しないウェブサイト制作のための準備する7つの作業

失敗しないウェブサイト制作のための準備とは?

長野市は雪。昨夜は地震。それでも今日も元気にウェブサイト制作(ホームページ制作)も準備をしています。ウェブサイト制作を成功させるには、準備がとても大切です。私が行っている失敗しないウェブサイト制作のための準備することをお伝えします。この企業秘密のような項目ですが、そんじょそこらのウェブディレクターやウェブデザイナーには真似ができません。

失敗しないウェブサイト制作のための準備の紹介

ここで、私が行う失敗しないウェブサイ制作のための準備をご説明します。バカげている感じるでしょうが、私にとってはとても大切なことです。

失敗しないウェブサイ制作のための準備する7つの作業

1. まず、甘いものを食べて、脳にエネルギーを送る
2. 瞑想して、「自分」「家族」「社員」「お客様」の幸せになるイメージをする
3. 他社分析をする
4. ユーザー分析(お客様の先にあるユーザーの問題を探る)
5. ウェブデザインイメージを探す
6. ウェブコンセプトとシナリオなどを考える
7. お客様が「ありがとう成果抜群です」と言われるイメージをする

1.まず、甘いものを食べて、脳にエネルギーを送る

唯一私が民法テレビドラマを見ているドクターX ~外科医・大門未知子~|テレビ朝日で、米倉 涼子扮するフリーランスの外科医大門 未知子(41)が大手術を終えた後にガムシロを数杯コップに入れてのむシーンがお約束してあります。実は、この真似ではないのですが、コンビニのレジ横で売っている饅頭を食べるとやる気がでます。

2.瞑想してウェブ制作が成功するの?

この瞑想は、マインドフルネスは、Googleの社員教員プログラムにもあります。「出会った全ての人を幸せにする」陽気なエンジニアを育てるプログラムだそうです。
lifehackerでもでも成功者などの瞑想の記事はたくさんあります。 瞑想で自分の心を理解し自由になろう。初心者のための瞑想ガイドなどをご覧ください。仕事については、ミーハーの私はすぐ真似をします。

3. 他社分析をする

他社分析は当然です。競合他社・ベンチマークしている業界のリーダー的企業のウェブサイトなど事細かく分析をします。そして、これらの企業のウェブの足りないものを探します。

4. ユーザー分析(お客様の先にあるユーザーの問題を探る)

ユーザーは、何を求めて、クライアントの商品やサービス、もしくは製品に価値を感じたのか? その他にユーザーがかつを感じるものはないのか?ターゲットを分析することやターゲットを絞り込むためにこの作業は行われます。

5. ウェブデザインイメージを探す

これは、どれでもやることだと思いますが、ウェブデザインの国外・海外の見本を探します。上記4から生み出されるイメージに合っているウェブデザインをひたすら探します。

6. ウェブコンセプトとシナリオなどを考える

どんなシナリオで、どんなマーケティングが必要なのか?出来るだけPCの前から離れて考えます。外の景色や読書をしながら考える時もあります。

7. お客様が「ありがとう成果抜群です」と言われるイメージをする

上記まで作業の具体的な準備は終わります。サイトマップ・サムネール・ラフスケッチを行う前に、行動力を掻き立てるために、3分程度お客様が「ありがとう成果抜群です」と言われるイメージをするのです。もちろん、作業を行う前にもう一度、目的や自分が作業をするテーマの再認識もココでします。

まとめ:失敗しないウェブサイト制作のための準備する7つの作業

ウェブ制作で失敗をしないことは、制作されたウェブはすべて、私たちが作り上げた仮説による産物です。それをユーザがYESというかNOと言うかは、ウェブサイトを運営しなければわかりません。そして、成功するまでPDCAを掛けてウェブコンテンツの修正や追加を行います。そうすれば、失敗することはありえません。

経営コンサルティング事業部のマーケティングに強い経営コンサルティングでウェブで業績拡大をしませんか?