顧客獲得に特化したホームページを作るには?

顧客獲得に特化したホームページを作るには?

集客に特化したホームページを作るには?

多くの企業が他社との差別化に悩みます。商品・製品・サービスなどプロダクト部門の差別化とても難しいのが現実です。であるならば、売り方で差別化をすることができます。例えば、私たちマーケティングコンサルタントのプロデュースにより、モノではなくコトを「売るアプローチを行います。ユーザーが求める商品購入後のその先にあるコトを売りるホームページを制作します。例えば「夢」を売るためのウェブサイトであったり、顧客へ自社の商品の教育を図リます。

顧客獲得に特化したホームページを作るには?

ECショップは、シームレスなリアル店舗との関係を築き相対的に企業の売り上げ拡大を支援します。オウンドメディアやSNSとコーポレートサイトの概念の異なるウェブサイトの目的を明確にして、目標を達成します。

ホームページでまず見込み客を見つける

ホームページ=(イコール)売り上げ拡大に繋がるツールとなる業態もありますが、B to B、B to C共に通常のビジネスでは、まず、競合他社より先に見込み客を取り込む必要があります。そして、見込み客を教育して、「欲しい!」と感じさせる必要がありまあす。マーケティングでよく使われるフレームワークである。AIDMAの法則を利用する必要があります。

知ってもらい→興味を持ってもらい→欲しい遠思ってもらい→記憶してもらい→行動してもらう。

これらを一度に一つのホームページで感じてもらうことはできません。まず、知ってもらう→興味を持ってもらうをホームページで行い、メールや次のアクションをユーザーに行なってもらう仕掛けが必要になります。

ホームページに載せる商品のアピール方法を考える

リアルなテンポとシームレスにECショップをつなぐオムニチャネルの概念をホームページに活用するケースとは、ホームページからリアル店舗に集客する方法、もしくは、リアル店舗より専門性を持ってターゲットをペルソナで絞り込んで訴求する方法とその業態や競合他社分析・自社分析による結果のいる方向性を保ちます。この辺までは、弊社では、認定経営革新等支援機関として補助金を利用することもできます。

ユーザーの思いを汲み取る

一見、綺麗に見えるホームページでも、ユーザーが求める情報がない。または、情報だけを掲示して、ユーザーとコミュニケーションを行なっていないホームページでは、売上拡大は望めません。ユーザーは、「どんな人が売っているの?」「親切なの?」「誠実なの?」などなど何かを買う時の選択の基準を探します。ですから、お客様の声が沢山表示されているホームページの企業は、お客様と良い関係を築けているいることがわかります。また、社員が笑顔で出演しているホームページも同様です。これらは、企業サイトではとても重要なことです。

ユーザーをしっかリと見る→ユーザーが知りたい情報を、情報としてではなく、コミュニケーションのネタとして届ける。

ホームページの標準装備は整える

まず、スマホファーストで、モバイル対応のホームページを作る必要があります。そして、スマホだとメールでお問い合わせがしにくいので、電話のバナーをタップするとすぐ電話がかけられるようにします。また、スマホを意識したコンテンツを作る必要もあります。

SEO対策かリスティングに費用をかける

ホームページに見込み客を呼び込むためには、SEO対策かリスティング広告を利用する必要があります。リスティング広告を使うと販売経費がかかってしまいます。そのためフロントエンドとバックエンドを用意して、バックエンドで収益を高めるマーケティングを行う必要があります。そのため、ビジネスモデルを変更する必要があります。この部分も認定経営革等新支援機関である弊社では補助金が使えるケースもあります。