インバウンドマーケティングでウェブにユーザーを引き込む!

インバウンドマーケティングでウェブにユーザーを引き込む!

インバウンドマーケティングでウェブにユーザーを引き込むには?

長野市や松本市には多くの外国人観光客が訪れます。そんな外国人客向けのインバウンドマーケティングではなく、ここ数年、注目を浴びているウェブ上で活用できるマーケティング方法が、インバウンドマーケティングと呼びます。今までの発信側(企業)の都合で広告などを行った手法をアウトバンマーケティングと呼び、その反対のマーケテインングだと考えてください。

インバウンドマーケテインング

インバウンドマーケティングとは?

インバウンドマーケティングとは、ブログやeBook、動画、などのコンテンツをWebで公開し、ユーザーが求める情報を提供します。企業のファンをつくりながら商品の販売などを行うマーケティングです。検索エンジンで上位表示される。ソーシャルメディアで共有・拡散される必要もあります。見込み顧客に自社やその商品・サービスに興味を持ってもらえるように仕掛けるマーケティング手法です。そこには、まず商品を知ってもらい、興味を持ってもらうという段階を理解したプローチが必要です。

ターゲットを絞り込み、ユーザーにフォーカスする

インバウンドマーケティングはユーザーの都合に合わせたマーケティング手法なので、ペルソナで設定したターゲットの好むコンテンツを作成する事が成功の鍵となります。ターゲットであるユーザーを惹きつけるループを形成することができれば、長期に渡って顧客の信頼とロイヤルティを獲得することができ、質の高いブランディングが構築されます。

ユーザーが何に興味があるのか?何についてもっと知りたいのか?誠実で偽りのないコンテツが必要です。そして、どんな時にどんな方法でユーザーがウェブサイトにアクションを起こすのかも仮説に基づいた立証が必要となります。そのためにユーザーの動向や指向を自分の目で確認したコンテンツ作りが必要です。