コーポレートサイトではなくオウンドメディアの必要性

コーポレートサイトではなくオウンドメディアの必要性

オウンドメディアとは

オウンドメディア(Owned Media)とは、自社が所有する(Owned)メディアを意味します。例えば、ホームページ、ブログ、ツイッタートなどのことですが、ここでは、企業が運営するウェブマガジンやブログをオウンドメディアのことを示します。ですから基本的にコーポレートサイトや顧客獲得型のウェブサイトとは、コンテンツが異なります。最近のことですが、長野市内の40億も売上のある企業に行ってきました。しかし、デジタルマーケティングが必要な企業でありながら、そこには手がつけられていませんでした。

コーポレートサイトや顧客獲得型には力を入れてるのですが、その成果も頭打ちのようでした。

オウドメディア ウェブサイト

オウンドメディアの必要性

その企業に必要なことは、他社より見込み客をいち早く取り込むことではなく、見込み客として、潜在顧客を教育することにあると私は感じました。つまり、顧客を育ていることウェブとシームレスにれあう店舗に誘導するとです。また、その逆にリアル店舗からウェブに誘導する必要もありました。そこで、大事になることが、自社の商品を好きになってもらうための作業です。商品を売るのではなく、その商品に関するコンテンツやその商品をユーザーが購入してからの先のライフスタイルの提案などにあります。すなわち、売り込みのないコンテンツのオウンドメディアを制作する必要があるのです。

人材派遣会社のオウンドメディア例

弊社のクライアントである上田市を本境地としている人材派遣・求人サイトを運営している株式会社ヒューマンインデックスさんのサイトがこのウェブサイトがオウンドメディア的なサイトとなっております。大手のできない人税紹介などを強みにしています。現在SEO対策中です。

まず、自社を好きになってもらうためのインバウンドマーケティング的なアプローチです。