FBやブログでリアル効果を得るためのパーソナルブランディングとは?

FBやブログでリアル効果を得るためのパーソナルブランディングとは?

Facebookやブログを利用する上で大切なこと

現在のウェブ制作でも、以前のように「ネット社会vsリアル社会」という構図がなくなっています。それは、実名でタイムリーにポスト(投稿)するSNS(特にFacebook)の影響だと思います。そして、そこに重要なのが企業ブランドではなく、そのブランドを構築する上で最も重要な経営者のパーソナルブランディングになります。そこで、そのパーソナルブランディングを構築できるツールが、Facebookだったり、ブログなのです。今回は、その二つのツールで、リアルに効果を得るためについて書いてみましょう。

心を高める

正直な話、私、自身がATF代表取締役として、パーソナルブランディングが構築できているかのか?は多少疑問が残りますが、常にその辺を意識してブログも更新しています。

何故、パーソナルブランディングが必要なのか?

Facebookページやウェブサイト自体が広告なのです、多くの人は、この広告に不振感を持っています。広告自体が企業の都合により公開されます。しかし、ユーザーは、自己の評価として価値のある商品やサービスを購入しようと意識しています。そこで、ユーザーに伝えられるのは、誠実性だったり、ビジネスへの情熱だったり、ユーザーへのサービスの考え方だったりします。つまり、ユーザーが購入してからでなければわからない情報ではなく、購入前の企業や商品の情報を得ようとします。

Facebookでのパーソナルブランディングとは?

たとえば、Facebookなどので、料理や素敵なローケーションでのポストは、Facebook友達の評価を得やすいのですが、仕事への姿勢、社会貢献への姿勢など、人は、あまり良い反応を示しません。ですが、Faceboo友達は、それをチラ見しています。また、優しいコメントや友達に配慮のあるコメントなどで、その人の人間性に惹かれます。

Faceboook友達は、「この友達ならユーザーに心地よいサービスをしてくれる」と感じでしょう。つまり、企業のFaceboookページを支えるのは、個人のパーソナルブランディングによるものが大ききのです。また、それぞれの方の人間性・人間力においてこのパーソナルブランディングの構築方法は異なります。たとえば、料理人だったら、食材探しをしている情報や住宅会社なら技術研修に行っているところなどの情報のポストしていると効果が得られるでしょう。

ブログでのパーソナルブランディングとは?

ブログを継続的に投稿するのは、とても大変なことです。多くの方が「面倒くさい!」「私は不得意!」と感じているでしょう。しかし、ビジネスでは、「面倒くさい!」と感じることが、とても重要であることはよくあります、毎日のようにブログを更新している人もパーソナルブランディングしやすいのです。専門家としてのパーソナルブランディングは、ユーザーを引きつけます。ユーザーの都合に合わせて、ブログで情報を公開すれば、ユーザーから信頼という名のロイヤリティーを獲得できます。結果、リアルな効果を得ることができます。

ウェブサイトvsブログの意識

ウェブサイト自体が、あくまでも広告です。自社の商品やサービスをアピールする場です。しかし、信頼のないビジネスは成功しません。その信頼を得るのが、ブログで書く、あなたのビジネス情熱です、この情熱が伝わればリアルな成果を得られます。ウェブサイトvsブログではなく、ウェブサイト+ブログの概念が必要です。以下に人間味を伝えるのか?という点がブログが担う役割だと考えては如何でしょう?

ウェブサイト制作で大切にしていること

弊社でのウェブ制作のプロセスでは、ユーザー(エンドユーザー)の声を拾い上げることともに発注者の物語やビジネスへの想いを聞き取ることに時間を使います。このようなことを実例としてブログなどで書ければと思っています。つまり、ユーザーの話を聞くという姿勢がFBでもブログでも必要になります。

私も忙しい毎日ですが、ブログをしっかりと定期的に更新していきたいと考えてます。