CMSならDrupalが最高!でも小規模ビジネスなら、やっぱりWordPressかな?

CMSならDrupalが最高!でも小規模ビジネスなら、やっぱりWordPressかな?

CMSならDrupal?WordPress?どちらが使える

プロ的な話だと、やっぱりCMSはDrupalがカスタマイズをするなら WordPressの比ではないかもしない。しかし、小規模事業のホームページなら WordPressで十分です。というかというかも奥は深いのです。また、プラグインの数でも WordPressの方が比較にならないほど多いいですね。しかし、多すぎて絞れなかったり、プラグインの入れ過ぎで重くなったり、動作しなかったり・・・やっぱり「奥が深い」。10以上もWordpressを使ってますが、戦略的なホームページで大型サイトのCMSならDrupならですね。

Is Drupal the David that brings down the Goliath of WordPress?
Is Drupal the David that brings down the Goliath of WordPress?

CMSはカテゴリの動的ページの作り方がKEYですね

ユーザの探しているコンテンツをカテゴリの一覧をカスタマイズしてアーカイブページを作ります。このとき、2つのカテゴリ要素を入れることで、ユーザのホームページ活用度が変わります。色で商品を探して、その色のカテゴリページに、商品イメージの高いアーカイブを同時に表示させることによって、商品を探す楽しみができます。そして、できればその商品のプロダクトページを制作します。

一般の方にわからないよね!

できればAmazonにできるだけ近いCMSを作ろうとするとDrupalの方が使いやすいという話です。WordPressも幅も奥行きも広いので、一応のノウハウは必要ですね。ですが、ですが、SEO対策で差をつけたければDrupalですね。しかし制作料金はWordpressに比べ高額になります。

Drupal?WordPress? 使いやすさ

WordPressについて

使いやすさという点では、すべてがユーザの技術的スキルに依存することに注意してください。 WordPressは単純なブログのプラットフォームとしてスタートし、ユーザーベースが増えるにつれて適切なCMSに発展しました。そのようなものとして、それはウェブサイト開発に新しい人たちを対象としていました。その結果、ユーザーがウェブサイトを作成して開始することができる簡単なソリューションとして人気です。

Drupalについて

DrupalはCMSとしては、ははるかにWordPressより複雑で、通常はPHP、HTML、CSS、jQueryの基本的な知識が必要です。Wordpressよりもはるかに急な学習が必要です。プロユースですね。しかもWeb技術が高いWeb制作会社でないと開発できない開発できないかも知れません。

SEO対策能力

Drupalは、優れたページ読み込み時間(検索エンジン最適化の重要な要素)をもたらすネイティブキャッシング機能のため、WordpressよりもSEOに簡単です。 Drupalは膨大な量のコンテンツを効果的に管理し、通常はWordPressよりも多くのコンテンツタイプをサポートします。 SEOの世界では、コンテンツが王様であり、Drupalは優れたコンテンツ管理オプションのためにWordPressよりも独特のSEOエッジを持っています。

セキュリティ

セキュリティは、Drupalが他のすべてのCMSよりも明らかに有利な点です。エンタープライズレベルのユーザ向けに構築されたDrupalは、エンタープライズレベルのセキュリティをコアに組み込んでいます。対照的に、WordPressのセキュリティ機能のほとんどは、サードパーティのプラグインを介して実装されています。これは、WordPressのインストールがすぐに攻撃を受けやすいことを意味します。セキュリティに関して言えば、Drupalは明らかな勝者です。
Is Drupal the David that brings down the Goliath of WordPress?