時代はどんどん変わるデジタルマーケティング

時代はどんどん変わるデジタルマーケティング

時代の変化を取り入れるデジタルマーケティング

先週、税理士のグループの前で、セミナー講師として招かれた時の講演のテーマが、「時代の変化にどのように対応するべきか?」というものでした。そして、私は「優しすぎる時代」とこの時代を定義しました。そして、この時代に不平を言うのではなく、まず同対応するのかを考えて欲しいと伝えました。まず、iPhoneを手にして、そのアプリの便利さを感じて欲しいとも伝えました。デジタルが、テクノロジーが人々の生活を大きく変えました。このスマートフォンのアプリから変わる生活を実感しないと「変化」を感じ取れないでしょう?

デジタルマーケティング

堀江さんが語る変化の時代

私個人的には、あまり興味のなかった堀江さんですが、このYouTubeで正しい考え方で、そして時代の変化、社会の仕組みが代わっていることが理解できます。更に、このデジタルマーケティングは、どう変わっていくのかも考えてみましょう。「自分の頭で考えて・・・」という彼の話の中にブログを書く、SNSを使うことをススメています。「努力したものだけが生き残れる」、こんな言葉を堀江さんから聞くとは思いませんでした。デジタルマーケティングとは、この情報方の時代、新しい時代に向かって自己を変化せさせる必要があり、それを捉え・促進するのがデジタルマーケティングの成功方法ではないでしょうか?

デジタルに心を乗せる

時代は、便利というキーワードの中にあります。スマートフォンの普及が生活のあり方も変えています。そこで、どのようにスマートフォンを活用して、心や誠実さをアピールする時代となります。マテリアルなデザインの中で、どう心を乗せたサービスができるのか?小野編が来年のテーマになると思います。デジタルマーケティングとは、世の中の構造的変化・心の変化・考え方の変化に対応するマーケティングとなるではないでしょうか?
問題は、どうのようにデジタルマーケティングにユーザーへの心を乗せたサービスで感動を与えるということではないでしょうか?