小さな企業がホーページからリアルな成果を得るために

小さな企業がホーページからリアルな成果を得るために

小さな会社がホームページで利益を得るためにすること

従業員20名程度の企業で、国の補助金などを利用せずホームページ制作費を捻出するのは大変なことです。ですから、必ずリアルな成果の得られるホームページ制作・ウェブ制作を行わなければなし。そこで、ホームページ制作成功のシナリオを簡単にご説明します。自社のホームページ制作・ウェブサイトリニューアルのご参考にしてください。

ATFウェブ

ウェブサイトでミッション・ビジョンを語る

1. 社員の顔を出して思いを語る

多くの人に自分のビジネスを行っている使命感、つまり、ミッションやビジョンをビジュアル(画像・イラスト)に合わせて、告知しましょう。
要するに、何のために自分がこのビジネスを行っているのか?をユーザーに理解して貰う必要があります。

2. 努力を語る

更に、そのためにどんな努力をしているのか?研究開発・技術を高める・資格取得を推進するなどをアピールします。これは、リクルートにも効果的です。

3. 商品紹介

自分の扱っている商品・サービス・製品の紹介をします。

人の頃を動かす!

人は、あなたのお金儲けには、共鳴や共感はしません。しかし、あなたがもっているミッションやビジョンには、支援や応援をしたいと感じます。

具体的なリアルな成果を得るためのウェブサイトでの仕掛け

具体的にホームページのデザインやコンテンツをどうするのかについて、解説します。

ユーザーの求める情報を提供する

今さら聞けないような専門的ではない常識的な情報を提供する。ユーザーは常にビギナーと考え、わかりやすくくわしく説明をします。
ブログやコンテンツページでこれらの更新頻度を高めることで、SEO対策にもなります。

誠意のある対応、誠実なビジネススタイルをアピールする

自社の商品・サービス・製品などのデメリットを伝えることです。誠実な企業に人は惹かれます。メリットよりデメリットを先に伝えましょう。

見やすいページをつくる

スマホファーストの時代です。テキストの多いコンテンツページは出来るだけ階層の深いところに設定して、ランディングページになるページはわかりやすくすることです。

ユーザーを誘導する仕掛けをする

ユーザーが知りたい情報に誘導するための仕掛けを作ることです。弊社の例では、まず、ユーザーが気になる制作料金のページにウェブサイトのTOPスライダーに設置したボタンから誘導します。

img_7041

お問合せ・相談を電話でしやすくする

ウェブを利用するスマホでは、メールでお問合せをするより、直接、購入前相談ダイヤルなどのフリーダイヤルを設定して、タップするだけで、電話ができるようにします。
これにより、以前より10%以上のお問合せを獲得することが出来ます。

ダウンロードでメールマガジンを送る

ユーザーが必要な資料などをPDFで作成して、ダウンロードで提供する。そのときにメールアドレスを取得して、メールマガジンやセールスレターなどを提供します。メールマガジンの購読者にノベルティなどを提供することなど、ユーザーの抱え込みを行う。

フロントエンドのハードルを低くする

ウェブから、まず申し込むときにお試し企画などのユーザーが自社の商品を購入するためのハードルを低く設定する。製造業であれば、「短納期・小ロッド」などのお試し企画などを設定する必要があります。

ウェブでは特にターゲットを絞り込む

ペルソナを設定して、ターゲットを設定することにより、キーワードも強くなり、SEO対策的にも集客的にも分かりやすいサイトになります。

こんな人に・・・この商品は・・・こんなベネフィットが与えられます。

上記にこのようなアプローチが効果的です。

ビジュアルにお金をかける

プロの撮影・撮影するカメラにお金を掛けてください。自社のイメージを伝えるには、写真が一番効果的です。
また、自分でもスマホで凝った写真を取ってください。

動画の活用

商品の説明を動画で行ってください。世界一の靴や通販サイトであるザッポスでは、一足ずつ商品を動画で紹介してくれます。リアル店舗より親切です。

優しさを載せる

明るい会社であることをアピールするために笑顔の社員お画像を載せてください。それにより、ユーザーは相談しやすくなります。そして、親切な社員であることをアピールするために丁寧で優しいコメントを載せてください。

ユーザーの関心度に沿ったページを作る

初心者向けのページ。購入をまだ、決めていない人のページ。すぐに購入しようと考えているためのページ。商品・サービス利用者向けのページなどを意識して作る必要があります。

主に、これらの作業を重点的に私は、ホームページのリニューアルプランをご提案いたします。