2019年のWeb制作|長野市Web制作ホームページ制作WEB ATF

メニュー

2019年のWeb制作|長野市Web制作ホームページ制作WEB ATF

メニュー

2019年のWeb制作

2018年で起こったこと

WordPressのエディターの躍進で、プログラムレスでWeb制作が可能になってきて、更に高度なコンテンツ作りに手間と時間を避けるようになりました。このテクノロジーの進歩により、コンテンツの改善が簡単になったことで、小さな改善を重ねて、大きな成果を得られるようになりました。また、ユーザの求めるコンテンツをスピーでに提供するためにAmazonのサイトの研究を進めました。そして、レコメンド・レコメンデーションは、Amzonだから効果的であり、一般のWebサイトあまり効果的ではない事がわかりました。その理由は、ユーザが商品を絞りにくくなるからです。Amazonとして、サイト内での購入者が増えればいいのですが、一般のサイトでは、絞ったターゲットに一つの商品を徹底したコンテンツ作りが必要だからです。もちろん、一般的なサイトの話です。
しかし、最終的には、AmazonのようなWebマーケティングができるホームページが理想です。

2019年のWeb制作

顧客の問題を解決するためのWeb制作が更に重要な時代になります。そして、スピーディなコンテンツの修正や追加は更に必要になるでしょう。また、mobileもmobileアプリを中心として、もっともっと便利なmobileコンテンツ提供されるサービスが増え得るでしょう。
SNSでのビジネスサイトなどのこれまでのホームページの概念も薄れるでしょう。「しかし、Wpの新しいエディターは使いづらい」です。

Web制作のコンプライアンスが重要

Web制作の業界は、コンプライアンスなどありません。もちろん、最低行わなければいけないルールや法律はないのですが、やることをしっかりやっているWeb制作会社とそうでないWeb制作会社とでは、制作費用は大きく差が出ます。そのため私たちは、完了書という、自動車を修理するとくれるような書類を作って、ウェブ制作の仕組みづくりをしています。
・スピードテスト
・SEO対策(画像のタグ付け)
・個人情報のルール
・運営のサポート
・アクセス解析
などなど沢山あります。
しかし、これらは、Web制作でクライントに成果を与える重要なファクターとなります。Webのデザインだけフォーカスしていては、お客様に成果は提供できません。

CRMの概念が変わる

CRMの概念が変わリるでしょう。いや、「成果を提供するための情報をどのように提供するのか?」に更にフォカースしなけば聞けない2019年になるでしょう。
ユーザが求めるコンテンツをどのようにCMSで表示させるのか?
「この情報欲しかったよ!」とユーザから「ありがとう」の言葉がいただけるようなWebデザインが必要になります。
Webは絵を貼り付けたものではありません。ユーザの求めるコンテンツ。すなわち、ユーザの問題解決をスピーディに行えるもんでなければなりません。

SNSの設計

SNSは、動画コンテンツやベクターグラフィックでの動きのある広告の作成が重要になります。中小企業でも動きのあるSNS広告やSNSコンテンツの作成が自由用です。YouTubeの広告も一般の投稿動画も重要になるでしょう。ビジネスでSNSを活用するには、画像で動画でブランディングを行うのも重要でしょうが、大切なのは、ブログやWebサイトと同連携させるのか?とても重要なSNSとなります。
Instagramをどう活用するのかが、キーになるのではないでしょうか?

Share this post

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
DIGITAL DESIGN & DIGITAL MARKETING

Web制作・BI支援&営業支援サービス 0120-806-709

時代に対応したいい会社を作るためのWeb・ICTについてお気軽にご相談ください。