見込客を集めるためのB2Bに特化したWeb制作が業績を上げます。

見込客を集めるためのB2Bに特化したWeb制作が業績を上げます。

カタログを貼り付けたようなホームページでは、何も効果がない製造メーカー

自社の製品や商品をすべて表示したまるでカタログを各ページに貼り付けたようなホームページは効果を得ることはできない。つまり、ターゲット企業が問題・課題を解決したくて、その解決策を求めているのにTOPページを紹介されてもターゲット企業は、問題解決策のコンテツのあるページを探すのに苦労をし結果的に離脱してします。多くの製造業やB2Bの企業ホームページはこのように作成されています。

そこで、主要製品だけをプロダクトサイト化したキラーサイト・ランディングページ化することをオススメします。そして、あくまでも販売ではなく、ターゲット企業が問題・改題を解決できるヒントを掲載したホームページにしなければなりません。なぜならば、顧客の情報・顧客の抱えている課題をしるためにホームページ制作をする時代になっているからです。そして、それらの企業を見込み客と位置づけることで、マーケティングや営業が次のステップとした顧客化に進みます。

製造業ホームページ英魚を活性化

製造業だからこそプロダクトサイトを作ろう!

1製品・1商品だけのためのプロダクトサイトでは、企業名より製品にフォーカスしたホームページ制作を行います。いわゆる製品のための専門サイトになります。ターゲットには、その製品のスペックや仕様のメリット・デメリットをしっかりと書き込んだコンテンツが必要になります。B2Bのホームページでは専門性を追求するコンテンツが重要になります。コーポレートサイト(企業ホームページ)と別になった製品紹介サイトは、ドメインもコーポレートサイトと異なったものを使います。このれによりプロダクトサイト・キラーサイトの機能を製造メーカーの販売促進に利用します。

マーケティングオートメーション(MA)を活用する製造業のホームページ

現在のホームページは、情報を発信するのではなく、顧客情報を獲得するという目的で制作されます。つまり、ターゲットの企業名や自社製品への関心度が図れます。つまり、営業的には見込客を可視化できるのです。その可視化した情報をもとに営業活動をシステム的に行います。

見込客を集めるためのB2Bに特化したWeb制作だから業績を上げます。

これらのようにホームページで販売を促進するより、見込客を獲得して、「見込客がどんな問題を抱えているのか?」、そして、その問題解決・課題解決に自社の製品や商品が、いかに有効なのかをメールや資料提供で啓蒙して顧客化することにより、売上を上げ業績が拡大できます。それは、営業で対面して自社製品・商品を解説する部分以外を自動化することにより、売上を上げ、営業の生産効率を上げて結果的に業績を拡大できるのです。売上をただ上げても業務までの生産性を向上させないと業績拡大につながらないからです。