ホームページとBIツールであるCRMとMAの連携

ホームページとBIツールであるCRMとMAの連携

IT業界では、問題解決ではなく、課題解決をソリューションと呼びます。マーケティングでは、課題の前の問題発見から原因の追求を行います。ホームページ制作は、企業の問題解決ツールと私たちは考えています。「新しい取引先を獲得したい!」「人材を確保したい!」などの問題を解決するのが、私たちの仕事です。プロとして、BtoBの事業形態に特化したホームページ制作を提供しています。

CRM長野ホームページ制作

そこで、ホームページとBIツールであるCRMとMAの連携が重要になってきます。見込客がどのWebページを見ているのか?どんなメールに見込客は興味を持ってたのか?そして、その次のステップとして、どんな営業プロセスが必要なのか?それらのプランに基づきマーケティング→営業に連携させなければなりません。

ユーザーが自社のコンテツのどの部分に価値を感じているのか?

事業は顧客との価値交換です。自社に価値がなければ、事業は成り立ちません。そして、ユーザーがどんな問題を抱えていて、その解決方法をどのように模索しているのかをしる必要があります。そこで、自社のコンテンツの土の部分に見込客が価値を感じているのか?を知ることができるツールがMAで、無料から月間10万円ほどかかるこのツールでは、マーケティングの質を高めることで売上を大きく拡大することができます。しかし、それは、ウェブコンテンツの作り方によります。

戦略的に作るウェブコンテンツ

見込客がどんなコンテンツを必要としているのか?興味を示しているのか?それらを察知するには、明確な各ウェブページのコンテツに見込客の興味段階に応じたコンテンツページを作る必要があります。そうでなければ、MAを使っても顧客の見込段階や望んでいるコンテツを明確にすることはできません。