長野県のBtoB企業を未来につなぐためのwebでのシナリオ

長野県のBtoB企業を未来につなぐためのwebでのシナリオ

 

長野県のBtoB企業の未来をつなぐWeb+BI

RPAやAIの技術は進歩している中、BI(ビジネスインテリジェント)ツールをWebとつなぐことによって、営業活動の見える化や活性化が行なえます。もちろん、B ToBの事業でなくても対応はできましが、BtoBの方が営業効果をCRM等で出しやすいという点です。また、製造業などでは、Webサイト充実や対応が不十分な現状の中では、営業成果の伸びシロがあるではないでしょうか?

そこで、採用ページなどとも同様ですが、新しいイメージのWebsサイトとCRMで営業効率を高める提案に集中させていただいております。

長野市・松本市 WEB制作会社 ATF from Toru Takeuchi on Vimeo.

CRM導入成功者の声を聞く!

営業マネジメント強化で国内シェア拡大に向けた一手。 世界2位のアイウェアメーカーが語るCRM導入成功の秘訣

当社の営業組織は、百貨店やチェーン店を担当するグループと個人店舗を担当するグループに分かれています。CRMを導入する前は、エクセルで営業管理と週次報告を行っていました。エクセル運用では、前週の実績や今週の営業活動予定は把握できましたが、将来の数値把握や計画化が難しく、業務効率の悪さを感じました。

また、グループそれぞれに課題があり、たとえば百貨店やチェーン店を担当するグループでは、商談内容の詳細や進捗状況について営業担当者自身は分かっていても、上司にはリアルタイムで共有がされません。
個人眼鏡店を担当するグループでは、一人の営業担当者が100店舗以上の顧客を持ち、さらに新規店舗の開拓も行っているので、優先順位を付けた効率的な営業活動が必要です。このような仕組みをどうやって作るかが課題でした。

BtoBの事業では、Web+メール+電話+訪問の流れを大切にする

Webからのお問合せ、展示会などの名刺効果、そして既存顧客などに、Web+メール+電話+訪問の流れを仕組み化することが重要です。そのためCRFで営業活動をオートメーション化します。