ウェブサイトの検索順位を上げるブログの書き方


ウェブサイトの検索順位を上げるブログの書き方

ウェブサイトの検索順位はブログで決まる

自社のウェブサイトで検索順位1位を獲得するためには、ブログで何をすればいいでしょうか?

このブログは、SEO対策セミナー向けブログの書き方の見本です。ウェブサイトの検索順位を上げるためのブログの書き方をここで紹介します。

SEO対策セミナー

SEO対策に効果的なブログの書き方

SEO対策として、タイトル(h1)を一番重要なキーワードとして、検索エンジンは評価します。ですので、SEO対策に効果的なブログを書くためには、タイトルに必ず重要なキーワードを入れることを心がけてください。その他の見出し(h2/h3)や本文にも、重要なキーワードが必要になります。このように、ブログの内容にできるだけキーワードを入れることで、より効果を発揮します。
また、サイト自体にも、SEO対策は可能です。このサイトにも、自動的に“長野”の文字やドメイン自体に“NAGANO WEB”というキーワードが利用されています。

h2の下の本文はブログのまとめ的に書く

h2の下の本文は、検索時にディスクリプション(検索した際にページタイトルと一緒に表示される文章)となる可能性が高いので、検索するユーザーを呼び込みやすいように書きます。できるだけ専門用語は避け、どうしても入れなければならない専門用語があった場合には、解説ページのリンクを入れるなどの対策をしてください。また、その他のキーワードにはタグを利用し、そのキーワードにタグ一覧ページのリンクを張り込みます。そうすることで、同じキーワードを使用したページを一覧で見ることができ、ユーザーにも、同じキーワードの入った関連したページであることを認識してもらうことができます。

ローカルSEO対策では?

ローカル(地域)をターゲットにしたビジネスでは、必ず地名を入れることをお勧めします。また、自分で作ったYouTubeを張り込むのもSEO対策として有効です。重要なのは、YouTube側から自社のサイトへのリンクを忘れないようにすることです。自社のサイトへのリンクを付け忘れてしまうと、せっかく作った動画の閲覧数が伸びても、サイトへの呼び込み効果が薄れてしまいますので注意してください。








s