誰に何を売るのか?ウェブ制作の基本

誰に何を売るのか?ウェブ制作の基本

誰に何を売るのか?そして、どうのように売るのか?ウェブ制作の基本

ウェブ制作を実際行う前のマーケティングがウェブ制作の成功の鍵となります。誰にとは?ターゲットを絞り込むことです。何を売るのか?と言うのは、ユーザーに与えるベネフィットです。これは、B TO BでもB TO Cでも同様に必要です。

マーケティング長野市ウェブサイト制作

そして、最終的にどうのように売るのか?この部分はウェブデザイナーのチカラも必要になりますが、まずは、制作前に決めておくことが大切です。。

誰にはペルソナでターゲットを絞るウェブ制作前1

ペルソナでターゲットを絞る理由の一つが、一つの仮説が必要だということです。

自社の商品・サービスのコアになるユーザーの生活指向を調査して、そこにあったターゲットを設定して、ウェブデザイン・コンテンツを制作する必要があります。このターゲットは絞り込めば絞り込むほど、訴求力は強くなります。

何を売るのか?ウェブ制作前2

当然、自社の商品やサービスをウェブで売る。もしくは紹介するのですが、商品よりも信頼を売る・技術力を売る・安心を売る・・・のような藻を売る必要があります。
そして、ユーザーは、その商品を購入した先に求める自分の変化をイメージさせる必要があります。与えられるベネフィットは何か?

どの様に売るのか?ウェブ制作前3

どうのように売るのかというのは?ウェブ制作時のウェブデザインでのイメージの問題になります。高価に見せるのか?ユーザーが「欲しいと感じる方法を考える必要があります。また、何かを付属させて売ったり、ノベリティをつけたり、期間限定にしたり、様々な方法があります。

このようにマーケティングがしっかりしているとウェブ制作をしても高い効果が得られ屋ういことを知ってください。