今一番有効なウェブマーケティング戦略は?

今一番有効なウェブマーケティング戦略は?

激変するローカル企業でもっと重要なウェブマーケティング戦略とは?

ローカル企業であれば、まず、今更だけどローカルSEO対策が最大のウェブマーケティング戦術なります。特別に多くの費用を掛けることなく、キーワード検索上位を獲得できるのもローカルSEO対策となります。くわえて、インバウンドマーケティングの手法を取り入れた、サイトにユーザーへのオファーやPDFなどの資料が効果的でしょう。インバウンドマーケティングでは、自社のペルソナの設定により、そのターゲットが求める情報のキーワードに対策を行います。また、Googleタグマネージャーの活用で、自社のターゲットからの自社サイトの評価なども必要になります。

どちらにしても低価格で、多くの成果を得られるウェブマーケテインング戦略となります。

ローカル企業のウェブ戦略

変化するウェブ環境に対応する

PC向けサイトでのメールなどでのお問合せや見積り依頼などが激減しているB TO Cの事業者様には、スマホサイトにおけるコールアクションの仕掛けや上記で解説したオファーのようなものが必要だと考えます。何かをターゲットに無料で提供する必要があります。もしくは、キャンペーンなどのノベルティを考える必要があります。また、誠実でユーザー視点至った良質なサイトをつくリア上げることが、ローカルSEO対策でも大切なことでしょう。

Googleによると、Webサイトの品質評価のアルゴリズムを変更したことで、Webサイトに掲載する情報の信頼性よりもSEOを重視するページが、Googleの検索サイトの表示順で下位になるようにした。同社は今後も継続して品質評価のアルゴリズムを改善していくとしている。
“WELQ対策”、Googleが検索アルゴリズム変更