他社に差をつけるWEB戦略

他社に差をつけるWEB戦略

ローカル企業のウェブで他社と差をつけるには?

競合他社にどのようにウェブで差をつけるのか?難しいマーケティング用語を並べずに、わかりやすく解説をしたいと思います。
まず、わかりやすい言葉で説明すると企業の勢いを示してください。「売りたい!」という思いではなく、「お客様の思いを叶える」「お客様の声に耳を傾ける」という意思表示が必要です。つまり、「この会社好感度が高い!」「この会社親切!」とユーザーに感じてもらうことを優先にすることです。ウェブサイト・ホームページの運営などで、競合他社と差をつけることができます。

ホームページ制作

ブログでもSNSでの他社と差をつける

ブログ更新やSNSでウェブサイトを活性化させます。そのためには、ウェブ担当だけに更新などの作業を任せるのではなく、全社員でブログのネタ作り、SNSのネタ作りに協力する体制を作ってください。全社一丸となって行う企業の意気込みをユーザーに伝えてください。

ウェブ制作で他社と差をつけるには?

現在のウェブサイトは、スマホ対応が常識となります。今のPCように別のスマートフォン対応のウェブサイトを制作するのではなく、PC表示をスマートフォン表示できるレスポンシブルWEBデザインというウェブデザイン方法で、ウェブサイト・ホームページの制作依頼をしてください。費用は、以前作ったホームページ制作費用より高価になることを覚悟してください。しかし、PCでブログを更新すれば、スマートフォンでも、その更新は反映されます。特に縦長WEBデザインで制作を行うことをお薦めします。

企業理念をわかりやすくウェブでアピールする

ウェブサイトは、現在企業の顔です。企業理念をわかりやくユーザーに解説してください。そして、それをウェブデザインに反映させてください。自社の方向性・お客様に対する考え方などを表現する必要があります。