CPAを考えるウェブ制作とマーケティング

CPAを考えるウェブ制作とマーケティング

ユーザー1人当たりのウェブでの獲得単価を考えるCPA

CPAとはCost Per Acquisitionの略で、ユーザー1人当たりの獲得単価を表す指標です。ですから、顧客獲得の為にウェブ制作を行った際に、そのウェブににかかった費用を、獲得できた成果件数で割って算出します。また、ウェブサイトで、何かのキャンペーンを行うときも同様です。そして、そのCPA値の目的数値を設定することが、全体のROI(費用対効果)に対する目的と結果を考えるときに利用します。

この辺の目標を設定するのは、マーケティングとなるのですが、重要な作業です。

ホームページ制作 長野

要するに企業にとってウェブサイト制作は、紛れもないビジネスツールです。ですから、ROIやCPAという専門用語は別として、どのぐらいの利益を得るのか?それには、どのくらいの経費や時間を必要とするのかを検討する必要があります。マーケティング戦略を構築して、業績アップに確かに実現できるウェブサイトを制作しましょう。

ウェブ制作とマーケティング

マーケティングとは、勘で行うものではなく、行動思案理学や行動経済学に基づいたフレームワークにより、仮設を立案したものが、ウェブサイトという制作物になります。そして、マーケティングに仮設の立証が日々のウェブ解析や結果が評価されます。その評価に基づいて、PDCAサイクルを行いながら、成果である業績アップを実現させます。