Webの知識に乏しい企業様へ

Webの知識に乏しい企業様へ

ウェブに関心のない経営者の会社のウェブは?

Webの知識に乏しい企業様。言い換えれば企業経営者のウェブリテラシーが低い企業様だと間違ったWeb制作会社選びをしてしまいがちです。または、知り合いや従業員にホームページ制作を依頼したりします。結果的に「ホームページは効果がでない」「ホームページは役立たず」などのボヤキを発する結果になります。まず必要なのはマーケティング、デザイン、マネージメント(ウェブ運営)を兼ね備えたWeb制作会社を選ぶことです。そして私たちは、それらが満たされた数少ないWeb制作会社の一つです。ウェブに関心のない経営者の会社のウェブサイトは、予算面の問題なのか?選んだウェブ制作会社が悪いのか?成果が得られるようなホームページでないことが多いようです。

webに弱い経営者

ホームページ制作成功の3要素

ホームページ制作成功には、マーケティング、デザイン、マネジメント(ウェブ運営)の3つの要素が必要になります。そのためATFでは、顧客分析・競合他社分析に力を入れます。そして、ユーザーの抱える問題に対して、その解決策をクライアント様の商品としてアピールします。そして、設定したターゲットに合ったウェブデザイン・デジタルデザイン制作を行います。しかし、ここまでは、あくまでの仮設の産物です。ホームページを公開して、ユーザーの反応次第では、PDCAサイクルを回す運営管理が必要になります。よって、この3要素をしっかり行えば、失敗をしないホームページ制作が行えます。

1. Marketing 売れる仕組みづくり・売りやすいビジネスモデルを活用したコンテンツ作り
2. Design ターゲットに合った戦略を画期的なデザインにする
3. Manamgement プロジェクトを正しく前に進める運営・PDCA・SEO・ウェブマーケティング(メールやSNSの活用)

失敗しないホームページ制作とは?

ホームページ制作自体を失敗しても、ウェブ運営で成功に導きます。また、ウェブサイトのリニューアルのケースでは、前回の問題点が明確になりやすいので、対策もしやすいのも事実です。そして、マーケティングとは、テストを行うことです。そのテストを繰り返すことができるから成功にたどり着けるのです。毎月の固定経費で、WEBROI(ウェブの投資対効果)が得られるまで、私たちの仕事は終わりません。