オウンドメディアとコーポレートサイトの違い

オウンドメディアとコーポレートサイトの違い

オウンドメディアとコーポレートサイトは、どう違うい

オウンドメディア(Owned Media)、とは、自社が所有する(Owned)メディアを意味します。例えば、ホームページ、ブログ、ツイッターアカウント・情報誌などことです。対するコーポレートサイトとは、企業案内を主体としたウェブサイトのことです。企業情報・商品情報が掲載されます。二つの大きな違いは、コミュニケーションと情報提供の差です。オウンドメディアは、コミュニケーションしながら情報提供します。コーポレートサイトは自社の商品や企業の考え方を中心に訴求します。そして、それらの違いを理解していない企業は、ゴチャ混ぜにします。

オウンドメディア

広告だけをネットで見る人は少ない、だからオウンドメディアが必要

ユーザーが求める情報や生活提案・コミュニティなどの掲載が掲載されているオウンドメディアでは、自社を企業を「好きになってもらう1」という認識があります。逆にコーポレートサイトは、「買って!」「自社はすごいだろう!」などとユーザーに感じさせるコンテツにもなりがちです。

ウェブサイトの目的を明確にする

ウェブサイトの目的を明確にして、ターゲットを絞り込んだウェブサイトを制作する必要があります。売り込みより、企業ビジョンなどの物語をしっかり語り、企業の物語を紹介するのがコーポレートサイトであり、その目的は、リクルートにも影響します。そして、オウンドメディアで自社の扱う商品などの使い方の提案やTWO WAYコミュニケーションができたり、商品いついての学習ができるサイト作りをするオウンドメディアでは、ユーザーを引きつける力が発揮されます。