2019年のWebデザイントレンド -web制作長野市WEBATF

2019年のWebデザイントレンド

2019年Webデザイントレンドについて考えてみた

2019年に流行するWebデザインの最新トレンド18個・・・ブログ記事を読んだ。というよりみた。「特別、感動なく、こんなもんか?」とブログの管理者の問題ではなく、Webデザイナーの問題を感じた。それでもAppleはかっこよく、Apple Idによるサポートは高額デバイスならではの室の高いサービスをWebサイトに反映していた。私のWebデザインの良し悪しは、見栄えではなく、Webデザインのなかには機能が含まれる。つまり、使い勝手のいいWebデザインが優秀なデザインであって、単に見栄えだけをWebデザインとは考えていない。

「やつぱり、amazonだね!」見習うべきサイトは!

amazonのサイトは、TOPページを不要にした「探したい物をスピーディに探し、買いやすい」。ビジネスサイトとしては、最高のデキだ。レコンメンド機能は、amazonだから成り立つのですが、専門サイトでは見習うべきでない機能もたくさんあります。ですが、通常の生活をしている人ならamazonと食品スーパーで生活できるようにも感じる。もちろん、そのためのCVRを高める拝領が至ることろにあります。つまり、ビジネスWebサイト制作なら見習うことろがたくさんあるということです。

使いやすいサイトで成果を高める

デザイン性が求められる商品を扱うサイトなら、最新のデザインを活用する必要があるかもしませんが、商品のデザインが良ければ、感じの良い画像をたくさん見せる必要がある。しかし、それより商品価値や売り手の思いが届けやすく成果に直結するWebサイトが有効だと私は考える。そこにWebブランディングだけのためにWebサイト制作をするのには、不信感さえある。当社のセグメントしたターゲット層は売上5億〜10億程度の企業様(売上20億以上の企業様もいます)だと成果ファーストのWeb制作が重要だと考えているからです。