CRMをだからできる売上UP方法

CRMをだからできる売上UP方法

何故、CRMを使うと売上UPができるのか?

CRMとは、今まで、エクセルでやって顧客管理を自由自在にカスタマイズできる顧客関連マネージメントというBIツールです。そもそもテレマーケティングのために作られたツールのように感じますが、ホームページと連携しなくても、メールと連携するだけで、営業業務には、かなりの威力を発することが出来ます。もちろん、上手にホームページと連携すると、信じられないほどの営業やマーケティング業の生産性向上が望めます。

CRM

特にB2Bの事業では、その威力は絶大です。

売上予測が可視化できます。見込客が見えてきます。

例えば、展示会などで名刺交換した見込客がMAを使っているように、自分の送ったメールに興味を示してくれたのかが、可視化されます。ベテラン営業マンの営業ルーチンを仕組み化して、見習い営業マンでもリアルな営業ができ、成果を得ることが出来ます。100点満点の1人の営業マンに依存することなく、新自演御宇マンに80点の営業活をしてもらうこと出来ます。
見積り書も在庫も外出時でも確認したり制作することが出来ます。日報管理もできます。出来ます_出来ます。ですから、エクセルで苦労して作り上げた管理表なども簡単にできます。

ホームページ成功の鍵はCRMです。

ホームページからは、見込客を獲得することにフォーカスします。また、見込客を獲得できるホームページと見込客の関心度を図るホームページを作成します。これにより、見込客からどのように成約化するのかにフォーカスした営業活動ができます。見込客の関心度を知って営業に行くと持参する資料や対策が簡単にできます。うまくいくとメールだけ受注できるようにもなります。

競合他社よりもいち早くCRMを導入しよう

1ライセンス無料から使えるCRMは、利用者の人数を考慮しても1名数千円で利用できます。もちろん、多少カスタマイズには専門家の活用を必要とするケースはありますが、ソリューションなどの金額とは桁違いのお手頃価格です。まず、他社よりいち早くCRMを導入して、業績UPにを成功させてください。見込客を先取りして、見込客を育成することによって、先々の売上も確保できます。

CRMのメーカー選び方

CRMベンダー企業に訪ねても、自社の得意部分しか説明しません。大切なのは、自社の業務でのカスタム性や費用感になります。ホームページ制作をどこで行っても同じでないように、それぞれのCRMにも得意不得意があります。一度導入してしまうとCRMを変更するのも面倒です。事前に目的やCRMで行いたい項目をピックアップして、呉須土ァンいただければ、様々なCRMのなかから、あなたの企業の目的に沿ったCRMをご紹介します。また、CRMのホームページ連携なども合わせて、ご相談ください。