CRMとは?

CRMとは?

業績UPに重要なCRMとは?

CRMとは、Webサイトや展示会など獲得した見込客という概念を取り入れて、その見込客データから見込客を自動化を用いることで、育て売上・利益に貢献する“優良客”を増やすための総合的な顧客管理システムです。もちろん、ウェブサイトやSNSやメールなどと連携しています。このCRMを用いてビジネスを成功に導く顧客志向のマネジメント手法システムのことです。

WEBとCRMで業績拡大

CRMの拡張機能

この他に営業に特化したSFA営業支援システムもありますが、営業系の企業でなければ、CRMで充分対応できるのではないでしょうか。このCRMの機能を活用してWebサイトやメールマガジン・セールスメールなど連携して、MA(マーケティングオートメーション)をプラグ・インすることで更に高度なマーケティングが可能になります。
また、見積書作成・注文書・請求書・レポート作成・メールマガジン・ステックメールなどのプラグインもあります。

CRMを導入していない起業している企業

多くの企業では今、ビジネスのさらなる成長を期待してCRMを積極的に活用しています。しかし一方でCRMの役割が今ひとつ飲み込めず、CRMを導入するまでに至っていない企業も少なくありません。

CRMは個々のビジネスにカスタマイズできる

CRMは、個々のビジネスにカスタマイズして活用するものですから、カスタマイズをIT企業などに依頼すると構築までに数百万円も係る例もあります。ですが、弊社では、オーソドックスなカスタマイズを定額の月間サポートで行うことも出来ます。

また、当社のCRM導入サービスでは、お客様のビジネスモデルに最適なCRM導入をCRMのITベンダーから選ぶことも出来ます。

何故、CRMは業績拡大に効果があるのか?

多くの企業が顧客中心のビジネススタイルへの変革を目指し、CRMを積極的に導入しているのは、本来人間の行うべき作業を自動化して、効率よくマーケティングが行われたり、数値でマーケティングに重要なKPI(キー・パフォーマンス・インディケーター)である重要事項を数値化出来ると点になります。

ですから、自社のマーケティングの状況を可視化出来るのです。

CRMで出来ること

CRMによって、自社の製品・サービスに興味を示す見込客を囲い込みで、その見込客を顧客化するだけではなく、現在の顧客にもLTVの概念で、将来も引き続き自社の製品・サービスを購入してもらうように戦略を立案・実行することができます。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策