Webコンテンツをパーソナライズできる時代のWeb制作|長野市Web制作ホームページ制作WEB ATF

Webコンテンツをパーソナライズできる時代のWeb制作|長野市Web制作ホームページ制作WEB ATF

Webコンテンツをパーソナライズできる時代のWeb制作

Webコンテンツ
Webコンテンツ

Webコンテンツをパーソナライズできる時代のユーザ評価

2019年3月14日、そんなAdobeから、日本人のデジタルコンテンツ消費に関する5つのトレンドを発表してくれました。データ・ドリブン・マーケティングに関わるサービスを数年前から始めたAdobe社のデーターから、Webテクノロジーの進歩により、コンテンツをパーソナライズできる時代になりました。つまり、ユーザの抱える問題にそれぞれ最適化したコンテンツをスピーディに表示させたり、MAなどの活用で、パーソナライズされたコンテンツを期待する気持ちもユーザに「良い企業」というブランディング要素も添えたWeb訴求ができるのですが、日本のユーザはどう考えているのでしょう?

日本のユーザがコンテンツにふれる時間

デジタルコンテンツに費やす時間は一日平均4.8時間もあります。この数字は仕事中なのか、プライベートも含めた時間のかは、不明ですが、多くの時間を費やしていることが理解できます。

Webコンテンツ

複数デバイスを使いこなす時代

複数デバイスを日常的に利用するユーザは全体で46%です。PC・モバイル・スマホなどロケーションよっても変化するのでしょう。年代が下がるにつれ複数デバイスを使いこなすユーザーの割合が増加しています。ですから、レスポンシブWebデザインの必要性は高いですね。

webマーケティング

Webコンテンツをパーソナライズは好まれないの?

パーソナライズされ過ぎても気持ちが悪い」という意見もあります。しかし、同時に、ある程度パーソナライズされたコンテンツを期待する気持ちも消費者ユーザもいます。ブランドサイトにはユーザはあまり興味を示しさないので、プロダクトサイトなどでは、問題解決のために探すコンテンツなら、ユーザの関心度に合わせたWebコンテンツのパーソナライズが必要になるでしょう。

Webコンテンツ

Webテクノロジーも進化しています。そして、Web活用の目的を設定できれば、その効果やマーケティングデータを収集するツールとしても活用できます。
参考・参照資料:マーケティング戦略は消費者理解から|Adobeが発表したデジタルコンテンツの消費トレンド

SNS:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
On Key

最近のブログ

「withコロナのWeb戦略」Web/SNS/CRMで変化に対応する

「withコロナのWeb戦略」とは? コロナ対策を行いながら事業を継続させ、この逆境をチャンスに変えていくためにはデジタル化は欠かせません。メールの活用やメール返信の早い経営者なら対応はできているかもしれませんが、1日1

Webデザイナー

Webデザイナーという仕事

Webデザイナーという仕事 新卒で入社したサインのために書いてみました。もちろん、私の考え方ですので、標準的ではないかもしれません。しかし、ATF-Cのスタッフになるには需要な考え方であり、必要なスキルです。 まず、We

Slack

LINEはビジネスには使えない

LINEはプライベート仕様なら問題ないですが、やっぱりビジネスならSlackか、Chatworkになります。その理由は、特にSlackは他のサービスとの連携ができます。SNSやGoogleのサービスと連携してビジネスを活

DIGITAL DESIGN & DIGITAL MARKETING

Web制作・BI支援&営業支援サービス 0120-806-709

時代に対応したいい会社を作るためのWeb・ICTについてお気軽にご相談ください。

HubSpotのすべて

ダウンロード